ハバナシガー上々の年 2005

news5242005年はキューバ葉巻の販売に安定性を見いだすことができた年であり、 特にMontecristo、Romeo y Julieta、そしてH.Upmannハバナシガーブランドに顕著な現象が記されていると、先週の国際ハバナ見本市で満足そうにそ語ったのは、Habanos SA副社長Evis Placeres氏。ハバナ葉巻の主要な市場は、スペイン、フランス、ドイツ、スイスの欧州4カ国と国内のキューバ市場である。 Placeres氏は、Habanos SAが86パーセントのプレミアム葉巻、13パーセントの非プレミアム、および1パーセントの専門葉巻の生産と昨年たてた計画をほぼ実現したと説明した。 専門葉巻とは「EL」シリーズなどの限定商品だそうである。限定品の発売は、目立つ販売戦略であるが、キューバ葉巻全体から見れば、1パーセントにすぎないとは、意外な感がある。

Posted: November 12th, 2005   |   Category: 葉巻市場