Aged rolls of film

news157「エイジド」という言葉が気にならない葉巻スモーカーはいないだろう。適切に扱えば、時間を経てより価値をあげる。シガーとワインの世界以外にもこれが ある。

昨日、あるカメラマンから話を聞いた。彼が最近手に入れたのは16年物のフィルムである。エイジングにより、フィルムの質をあげることはできないが、まるでたばこのように、特別な色の味を出す可能性が高くなるそうだ。但し、最終的にフィルムは青く変色してしまう。たばこが青から始まることを考えると面白い。それならばフィルムの熟成期間はどのくらいが一番良いかと言う質問に対して、まるで葉巻と同じ答えが返ってきた。試してみないとわからないそうだ。

Posted: February 2nd, 2004   |   Category: 葉巻なその他