Bolivar Libertado Edicion Regional (ボリバール リベータド) のファーストインプレッション

news577昨年中にリリースされたEdicion Regionalのvitolaすべてを何とかテイスティングしようと思いながらも、長く待っている間には少々諦めムードになっていたところ、フランス市場のBolivar Libertadoをやっと手に入れることができた。多分、このvitolaも、あのEdicion Regionalのマンネリ的なブレンドと予想するが、Libertadoのどっしりしたサイズ(6 1/2インチ、54リングゲージ)からの影響を考慮すれば、さて、どんなものだろう?果たして想像どおりのマンネリ化したブレンドで、たまたまBolivarのバンドが付いているが、仮にPunchのバンドが付いていたとしても、「ああそうですか」で終わってしまう独創性のない葉巻である。

昨年のEdicion Regional全種類の中、結局Juan Lopez Obusだけはテイスティングしなかったことになるが、Edicion Regionalは、もういいかな。Juan Lopez Obusはパスしよう。

Posted: May 30th, 2007   |   Category: ファーストイインプレッション