カブレラ・インファンテ死去

news408私が信頼する数少ない葉巻評論家であった、キューバ人作家、カブレラ・インファンテが、21日にロンドン市内の病院でブドウ球菌感染症のため死去した。75歳だった。Cabrera Infante氏は葉巻評論家ではないが、葉巻そのままの存在に対峙し、力強い意見を述べ、素晴らしい葉巻評論を残している。その魅力ある葉巻評論は、 キューバ革命を支持しながら、結局は失意のままに亡命にいたった彼の生き方と無関係ではない。カストロ政権が共産主義色を強め、言論統制の危険性が高 まったことに失望し、キューバ出国を選択してから、キューバと葉巻は彼にとって特別な対象となった。彼の熱い思いは、彼の著作「Holy Smoke」に詳しく語られている。「vitola」という言葉をこのウェブサイト上のエッセイで取りあげ、彼の「vitola」に込める意味に迫るべく試みているが、出来ればインファンテのオリジナルを読んでほしい。

今宵は、敬愛するインファンテ氏が好んだハバナシガーを吸うつもりである。さてその銘柄は? 彼の本に繰り返し書かれている。

Posted: February 24th, 2005   |   Category: シガーな人々