キューバの葉巻 カテゴリーの記事

cohiba-behike-line

登場 Cohiba Behike Line

先週ハバナ市で行われた XII Habanos Festivalの参加者に紹介されたCohiba Behike Lineの様子が少しづつ見えてきた。
2010/03/03

habanos-2010-new-vitola

Habanos SA の2010年は太め

Habanos SAは2010年に新しくリリースする予定の新vitolaを公式に発表した。伝統的なVitolaの削減もあり、新vitolaはその穴を埋めるために決められたと思わざるを得ない。
2010/02/04

bolivar-er-2009-small

Bolivar 5ta AvenidaとBolivar Especiales No. 2 のファーストインプレッション

この二本のER vitolaの決定プロセスがユニークであった。ドイツ輸入業者は、その決定に愛煙家たちの口をはさませたのである。実は、この二本、世界で始めて葉巻喫煙者たちの投票により選ばれたER vitolaなのである。
2010/01/22

news585

Habanosブランドvitolaのさらなる削減

ドイツのハバナ葉巻ディストリビューターのレポートによると、2010年においてHabanos S.A.は複数の伝統的なキューバン葉巻ブランド或はvitolaの生産を中止することを計画している。
2010/01/06

montecristo-open-small

Montecristo Open (モンテクリスト オープン) のファーストインプレッション

今年のHabanos Festivalで参加者に紹介されたモンテクリスト・オープン葉巻ブランドがまもなく世界市場にリリースされる。このブランドの存在理由については、大きく意見がわかれているところである。
2009/06/01

news605

登場 Montecristo Open

数日前、Montecristo Openと呼ばれるモンテクリスト葉巻ブランドの新しいvitolaシリーズがHabanos Festival参加者に紹介された。事前にリリースされたパッチからのサンプリングを行うことができた。
2009/02/26

news604

2009年のEdition Regional

2009年版Edicion Regional葉巻を掲載している数種のリストが、Habanos Festival開催数日前に出回りはじめた。まず度肝をぬくのが Edicion Regional葉巻のとどまるところを知らない数である。
2009/02/24

news603-top

現在までにリリースされたEdicion Limitada葉巻の大要

ハバノスは、2000年より毎年(2002年は例外)キューバ葉巻のトップレーベル銘柄の中から数種のvitolaを選び、限定シガーとして発表し続けている。2010年の予定されているEdicion Limitadaのvitolaを追加。
2009/01/08

news602

Fonseca Cosacos (フォンセカ コサコス) 限定ヒュミドール

フォンセカ コサコスの限定ヒュミドールは、Habanos SAが時々市場に出す限定ヒュミドールとしては、ちょっと面白く注目株である。
2008/12/04

news592

Cohiba Lanceros (コイーバ ランセロス)

かつてフィデル・カストロの名とシガーという言葉がほとんど同義語だった良き時代があった。「エル コマンダンテ」は特にコイーバのランセロスvitolaを好んだ。
2008/02/29

news585

Habanos SAの2008年

2008年に予定されているvitolaの長い長いリストが主要なディストリビュータの間に出回り始めた。
2007/10/18

news582

Bolivar Gold Medal (ボリバール ゴールド メダル) レギュラー・ラインナップ再突入

稀少なハバナシガーのシンボル的な存在であったBolivar Gold MedalはHabanos SA がレギュラー・ラインナップに再突入した。
2007/08/03

news581

Edicion Limitada 2007 一部リリース

先週Edicion Limitada の2007年版が一部リリースされた。
2007/07/23

news572

登場Cohiba “Maduro 5” ライン、そしてMontecristo No. 4 Reserva

登場Cohiba "Maduro 5" ライン、そしてMontecristo No. 4 Reserva
2007/03/02

news570

ペソシガーの紫煙

キューバ島を周遊して地方のあちこちのたばこ屋を訪ね、ローカル賃金に見合った価格のペソシガーを買い集めたフィナンシャル・タイムズ紙のレポーターが、その葉巻をロンドンに持ち帰りイギリスのキューバ葉巻商人に意見を求めた。
2007/02/21

 
12345