Non Cuban Cigars カテゴリーの記事

para-japon-online

Project Para Japon Online

Recently the Project Para Japon also is online with a nicely designed website featuring the latest updates of this very kind project.
2011/04/19

para-japon-top-small

“Para Japón” by La Aurora

ドミニカ共和国を拠点とするLa Aurora葉巻会社は3月11日の地震と津波から回復しようとしている日本人を助けるためにチャリティーシガーを作成しました。
2011/03/31

private-blend

A Private Blend

Strong body with that slightly sour taste that has become like a continuous characteristic of all full-bodied Camacho cigars released after 2003.
2010/01/12

news560

Navarre Robusto のファーストインプレッション

慌ただしかったフランス滞在中、昨年報告した初めてのフランス産プレミアムシガーを何とか一本手に入れることができた。
2006/10/26

news536

ダビドフの記憶葉巻

今年、ジノ・ダビドフは100回目の誕生日を迎える。シガーインサイダー (CI)によると、この大きな記念年に向けて、Davidoff社は二つの特別な「記憶の葉巻」をリリースする予定だそうである。
2006/01/20

news518

ドライシガーの「リミティッド・エディション 」

Villiger社の伝統的なドライ・シガーVilliger Exportは、長い歴史で初めて、スイスアルプスをパッケージに印刷した「コレクタボックス」を発売した。
2005/10/17

news515

Coyolar

「Coyolar」は、ホンジュラスの南東部にあるJamastran谷の農場の名前である。そして、メーカーが開催した「葉巻命名」コンテストを経て、Camacho葉巻ブランドに新規追加されたvitolaの新しい名前となった。
2005/10/05

news510

Edicion “Un”Limitada

アメリカ市場において、葉巻の小売・卸売業者、加えて生産者でもある大規模会社の社長は、卓絶なユーモアと抜け目ないビジネスを結びつけることで有名である。
2005/09/16

news506

ジェネリックハバナシガー

昨年から私がかなりはまっている葉巻が、ジェネリックハバナシガーである。最高品質のキューバのたばこ葉を100パーセント使用してつくられているが、キューバ産ではない。
2005/09/02

news500

奇を衒う

葉巻の長い歴史を見ても、基本的な葉巻の作り方には大きな変化がない。それが、葉巻の長所のひとつとも言える。
2005/08/18

news470

Davidoff Entreacto

Oettinger Davidoff社がDavidoff Entreactoをリリースした。 サイズは今流行りのコンパクトな長さ、3 1/2インチと43リングゲージである。
2005/06/10

news449

シガー限定品の洪水

最近のシガービジネスは "limited" と言う言葉を多発して、ワクワクする人もあれば、うんざりしている人もあり受け取り方は様々である。
2005/05/09

news427

Avo LE 05

記念日を祝うキューバ式の愛情表現に倣ったのか、Oettinger Davidoffグループはミュージシャンであり作曲家のAvo Uvezianの79回目の誕生日をマークするためにリミテッドシガーAvo LE 05葉巻を発売した。
2005/03/28

news417

来るべき明日

キューバ製品のアメリカ輸出禁止が解放された後、どんな状況がうまれるのだろうか?憶測が多々ある中、どちらの方向に転んでもハバナシガーはアメリカへ 輸出され、キューバ産たばこ葉も葉巻原材料として方々へ輸出されるであろうという推測が残る。
2005/03/11

news416

カマチョ クラロ クラロ

Camacho葉巻ブランドのメーカーが、今年のセント・パトリック・デー(3月17日)のために特別なシガーを作ったと発表した。ラッパーは高熱で加工されたカンデラ・ラッパーを使用し、たばこ葉はほんのり薄緑色がかっている。
2005/03/10

 
1234