葉巻・シガーのコンテンツ カテゴリーの記事

news521

ハリケーン・ウィルマ

史上初アルファベットの最後の文字Wをキャピタルにしたハリケーン・ウィルマは、今週の初めキューバの西側を強打した。
2005/10/28

news520

Smoking Collection 2005

0月25、26日、深まる秋の東京有楽町にたばこ関連事業者たちが集った。タバコ・喫煙具の展示会としてコレクションは回を重ね、今や業界の祭事的役割も果たしているようである。
2005/10/27

news519

Camacho Coyolar Puro のファーストインプレッション

このブランドでありながら、友達からプレゼントされるという思いがけないルートで、RothschildとPerfecto No. 1のvitolaを手に入れる。
2005/10/21

news518

ドライシガーの「リミティッド・エディション 」

Villiger社の伝統的なドライ・シガーVilliger Exportは、長い歴史で初めて、スイスアルプスをパッケージに印刷した「コレクタボックス」を発売した。
2005/10/17

news517

ハバナ市の道で迷子と思っていたら・・・

大分前にリポートした、San Christobal de la Habanaの新しい三種類のvitola
2005/10/13

news516

Humid’ or

300年の歴史をもつシャトーの地下室に葉巻を保存している城主が高級ブランドのデザイナーでもある場合、ひとたびューミドルの設計関して決定を下せば、出来上がりが平凡なものになる可能性は皆無である。結果は、こちらのHumid' orである。
2005/10/07

news515

Coyolar

「Coyolar」は、ホンジュラスの南東部にあるJamastran谷の農場の名前である。そして、メーカーが開催した「葉巻命名」コンテストを経て、Camacho葉巻ブランドに新規追加されたvitolaの新しい名前となった。
2005/10/05

news514

Ramon Allones Eminencia Edicion Regionalのファーストインプレッション

待っていた葉巻を手にする。近頃のあまりにも頻繁に発売される特別な限定版ハバナシガーには少々食傷気味だった。今回は、わたしの期待通りに、この葉巻は普通にRamon Allonesであった。
2005/10/01

news513

Montecristo Puritos

今年の2月末に開催されたハバノ・フェスティバルのディナーの席で「摘み食い」葉巻として紹介されたMontecristo Puritosが、今月からヨーロッパ市場おいて発売中である。
2005/09/28

news512

誕生日おめでとう

去年の今頃、108歳で再び葉巻を吸い始めたアメリカのウォールター・ビレゥンイングさんについてここで取り上げた。
2005/09/27

news511

葉巻厨房

葉巻を保存するためのヒューミドルが、とうとうキッチンの領域に突入した。ドイツ大手のキッチン・ユニット・メーカーGaggenau社が、ワインクーラーとヒューミドルを完備したキッチン・ユニットを発売している。
2005/09/21

news510

Edicion “Un”Limitada

アメリカ市場において、葉巻の小売・卸売業者、加えて生産者でもある大規模会社の社長は、卓絶なユーモアと抜け目ないビジネスを結びつけることで有名である。
2005/09/16

news509

Maison des Cigares

Laura Chavinのシガーケース, クリエーターが「シガーの家」と呼ぶポケットヒュミドールが日本市場限定で発売される。
2005/09/13

news508

ブレンドは「優」...

写真はキューバ・シガー界の重鎮と言えるある高名なトルセドールが作った葉巻である。
2005/09/09

news507

(Un)ordinary Cigars

始まったばかりのEdicion Regional 限定品ラッシュの最新情報をお送りしよう。
2005/09/07

 
...678910...2030...