チャーチル博物館がオープン

news403最も有名な葉巻喫煙者として、しばしば名指しされる男の博物館が最近ロンドンでオープンした。多くの歴史的な出来事と個人的なエピソードが交差する彼の人生において、葉巻は非常に興味深い存在となっている。博物館には彼の葉巻の吸いさしまでディ スプレーされている。銘柄はハバナシガーの”La Corona”ブランドである。かの吸いさしは絹のクッションの上に鎮座し、チャーチル氏の旺盛な葉巻消費から逃れた葉巻として今後も存在し続ける。それがだいぶ前に報告したオークションで落札された葉巻の吸い殻であるかどうかは不明。

Posted: February 17th, 2005   |   Category: 葉巻な場所