シガーバンドのミスプリント

news426写真はそれぞれVegas Robaina Unicosに結ばれていた3つのバンドである。左のバンドは1998年の箱からである。このバンドは、金色のインクが通常より暗色である。中央のバンドは、同じく1998年のものだが別の箱からである。金色のインクがひどくぶれていて茶色のインクとの境界がはっきりしていない上、インクの金色も明るすぎる。右のバンドは2004年の箱からのものある。印刷品質は比較的良く、通常イメージするバンドにちかい。私は3個の箱は確認した。そして3本の葉巻をすべて吸った。3本とも本物のキューバ葉巻であった。

品質が一定しない印刷技術に加え、印刷の上がりの検品 にもたっぷり幅を持たせているのが何ともキューバらしい。キューバ葉巻のシガーバンドは、葉巻自体の真贋を見分けるために殆ど役に立たないという実例である。

Posted: March 24th, 2005   |   Category: 葉巻なその他