葉巻な人々 Frank Follis

frankfollis1葉巻の無いフランク・フォリス氏をイメージすることはほとんど不可能である。これだけ葉巻がよく似合う人というのもめずらしい。吸い方もうまくて粋(いき)で、葉巻を噛んではしまうが、吐いた煙は細く空中にひろがる。彼は、日本における貴重な葉巻スモーカーの一人である。蘊蓄かたむける葉巻鑑定家などではなく、真に喫煙を楽しむことを知る葉巻人といえるだろう。フランクが粋に葉巻を吸いこなすのも30年以上日本にいたかもしれない。生まれながらの日本人より、怏々にして異国の人の方が日本の美意識をちゃんと持っていたりする。彼は、知っている、都市(まち)の片隅で静かにゆっくりと葉巻をくゆらし楽しむことを。CigarJapan.comは、彼と葉巻について大いに語らうために、彼が行きつけのBarで会った。
Frank Follis is the kind of guy one can hardly imagine without a cigar. Down-to-earth, straight-forward, puffing – no, rather puffing and chewing – on a stogie most of the time. He is a serious cigar smoker, perhaps not exactly a connoisseur but a cigar man who knows to enjoy a smoke. As an old Japan-hand, Frank has been in Japan for more than thirty years, he knows the local cigar scene like nobody else. CigarJapan.com met Frank at his favorite watering-hole to talk with him about cigars.

CigarJapan:フランク、あなたと葉巻は本当に似合っていると思います。
Frank, I have to admit you look good with that cigar.
Frank Follis: やー、ありがとう。私は、同じことを前に告げられたことがあります。その女性はたいへん美人でした!(笑)
Yea, thanks. I have been told that before. You know, the women like me!
CJ: それにしても、あなたのシガーの吸い方はなかなか堂に入っていると思いますよ。ゆったりとして。もう葉巻を吸って何年くらいになりますか?
Well, I don’t know about that, but you sure look relaxed puffing on that stogie. For how long have you been smoking cigars?
frankfollis3FF: そうですね、15年くらいになりますか。
For quite some time. I think for about fifteen years or so.
CJ: ここ日本で葉巻を始めたのですね?
In that case, you started here in Japan?
FF: そうです。私は紙巻煙草を吸っていました。私の好みのブランドは、”More”でした。ちょうど、その名前が意味するように、私は更に喫煙し、もっともっと多く本数を重ねてしまいました。だから葉巻が煙草の本数を減らすのに役立つのではと考え、葉巻を試してみることにしたのです。
Yes. Before I smoked cigarettes, but then I thought that cigars might help me to cut down on them, so I tried cigars. My favorite cigarette brand used to be “More”, and just as the name implies, I smoked more and more of them. Just too many I think.
CJ: 紙巻煙草から葉巻に変わられて、まずどんな葉巻を吸ってみましたか?
When you switched from cigarettes to cigars, what kind of cigars did you smoke?
FF: その時、日本の葉巻の選択の幅は非常に小さいものでした。葉巻といえば2、3のキューバのブランドのものしかなかった。しかし、それらの価格は、私の範囲では無い。したがって、私は、乾いた葉巻、値段もリーズナブルな”King Edwards”を買ったのです。まあ、最初はどこかでスタートしなければならないでしよう。その他にも吸いましたが、吸い口にプラスチックがついているもの。ブランド名を思い出すことができない。
At that time the selection was quite small in Japan. There where a few Cuban brands, but the price was mostly out of my reach. So I went for some dry cigars, King Edwards. You know, everybody has to start somewhere. I also smoked some brand of cigars with a mouthpiece, but I can’t recall the brand name.
CJ: あー、マウスピースを持つ葉巻ですね。あなたが今吸っている葉巻を噛んでいるのは、おそらくそのせいでしょう。(笑)
I see, cigars with a mouthpiece. I can also see that you are chewing on the cigar you’re smoking right now…
FF: そうですね。古い習慣は、やめがたい!
Yea, old habits die hard!
CJ: しかし、今、あなたはプレミアム葉巻スモーカーです。その経緯は?
But now you are a premium cigar smoker. How come?
FF: 知り合いの女性が、私のために買ってきてくれます。
A lady friend of mine buys them for me.
CJ: あなた自身では葉巻を買わないのですか?
You don’t buy cigars yourself?
frankfollis2FF: もちろん、私は自分のために葉巻を買います。私の毎日の葉巻はたいてい、六本木交差点の近くRoppongi Tobacco Center、または、五反田におけるNomura Tobacco Shopのような店で買いに行きます。これらの店には、適正な価格で良い葉巻の幅広い選択がある。ラ・エミネンシアのブランドは、それらのうちの1つですね。しかし、特別な時のために、知り合いの女性が赤坂見附のCigar Shopで買ってくるMontecristoがなんと言っても私は好きだ!
I do buy cigars for myself, of course. Mostly my everyday cigars. I go to shops like Nomura Tobacco Shop in Gotanda, or the one in Roppongi, close to Roppongi crossing. These shops now have a large selection of good cigars at reasonable prices. The La Eminencia brand is one of them. But for special occasions I like a Montecristo, gifted to me by my lady friend!
CJ: あなたは葉巻喫煙にそれほど金銭を使わないのですね?
So you don’t spend that much money on your cigar smoking?
FF: まあー、時折、私は間違えて買うことがあります(笑)。2年前に私はロンドンに行き、Heathrow空港で2、3のMontecristoをピックアップしました。箱上の価格ステッカーは、100を示していました。私は米国人であるから当然それはドルと理解しました。私はクレジットカードで4箱も買ってしまった。なんと浅はかな!それは400英ポンドであったのです。しかし、それらは、やっぱり良い味がしました。
Well, sometimes I do, but rather by mistake. Two years ago I went to London and on the way back I picked up a few boxes of Montecristo cigars at Heathrow airport’s duty-free shop. The price sticker on the box said 100, and I, being American, thought that’s dollars and without much thinking charged the four boxes to my credit card. It wasn’t till I was sitting on the plane that I realized that I’d just bought 400 British Pounds worth of cigars! Oh well, they tasted good after all.
CJ: あなたは日英翻訳者として働いていらしゃいますが、仕事上において葉巻を吸ったりしますか?
I know you work as a Japanese-English translator, do you smoke cigars on your job?
FF: いいえ。私は、夜、一杯飲むために外出して葉巻を楽しみます。しかし、近ごろ、郊外にある私の家の中庭で良い葉巻を吸うという喜びを見出しました。年齢を重ねるにしたがい、品質、そして時間は、重要になると思います。
No, I don’t. I smoke in the evenings, when I go out for a drink. But lately I have also found to the pleasure of smoking a good cigar on the patio of my house in the country-side. When you get older quality-time is getting important.
CJ: フランク、おもしろい話をどうもうありがとう。また一緒に美味しい葉巻をやりましょう。
Frank, thanks a lot for your time, and many more good cigars to you.

Posted: December 4th, 1999   |   Category: シガーな人々