シガー・パイプ

news214葉巻を色々な変わった形にするのは、葉巻職人のレベルの高い遊びである。もちろん、頭を尖らせているトルピードや、フットと頭が尖っているペルフェクトスは、この遊びの範疇には入らない。すぐれた葉巻職人が作ろうと思えば、たばこの葉から作れない形はない。ベースボールバットやアメリカン・フットボー ルのたまご形などはよく見かけるし、パイプ形は殆ど定番である。しかし、そういった変わったシガーは通常レギュラー生産ラインナップにはならない。とこ ろで、小さなドミニカン葉巻工場が最近パイプ形のシガーをレギュラー番として市場に登場させた。新しい味わいが楽しめるかどうかは未知数のギャグアイテムとしての3本入りケースである。吸った人の話によれば、悪くないとのことなのだが・・・、本当かなあ。

Posted: April 20th, 2004   |   Category: Non Cuban Cigars