Cohiba Mini Cigarillos

cohibamini4コイーバ・ミニ・シガリロはどうも女性が吸うべき煙草のような気がしてならな い。そう思ったのはパッケージに描かれているインディアンの絵である。髪をうしろ で結んだ横顔は私には女性に見えた。ということを誰かに話したら、あごの線を 見なさい、あの太さは男性の顔だ、と言われた。そう見ると確かに太く、さすが 喉仏は描かれてはいないがそれは男性の風貌に見える。インディアンは男性でも 髪は長かったし、後ろでも結んでいたようだ。やはり男性かもしれない。それで も私は、コイーバ・ミニと女性にこだわりたい。
あのパッケージ・デザインは女性的だ。クローム・イエローに白と黒の格子は、 ノスタルジックな思いにさせるが、斬新でもある。格子柄は実にいきである。そ もそもこのコイーバ・ミニ・シガリロは、葉はもちろんハバナだが、フランスで 製造されたものだ。

ロゴデザインはキューバだが、パッケージの印刷や作り、文 字の書体はフランスだろう。だからその美意識もフランス的である。箱の材質、 ラベルの貼り方、中敷のデザイン、間仕切りに書かれたメッセージ、どれを見て もフランスしているのである。ハバナを通してパリが見える。オープン・カフェ の小さなテーブルの上、ガラスの灰皿の横にコイーバ・ミニ・シガリロ。パー ル・レッドのマニキュアをしたパリジェンヌの手がふたをあける。というふう に、クローム・イエローと白と黒にはぜひとも赤の取り合わせが必要だろう。だ から毛むくじゃらな武骨な男の手はこのシガリロには絶対似合わない。

コイーバ・ミニは細い。それに少し短い。両方の切り口も細くなっている。それ に葉の量が少ないのでボディは柔らかい。くわえると吸い口はすぐつぶれ、空気 の通りが悪くなる。細かな葉なので、すぐに口の中に入ってしまう。葉がしっか り詰まってないので火も途中で消え、何度も点けなおさなければならない。と、 良いところはどこにも無いような葉巻製品だが、細さというのは女性の指に合わ せたものであり、吸い口がつぶれるというのも、そんなに大きな口を開けずとも くわえることができ、柔らかさは女性そのもの。葉が口に入ったって、火が途中 で消えたって、その仕種ひとつひとつに艶っぽさを演じることができる。しかし そんな言い訳も無駄になってしまうのが、その香りである。ハバナ、コイーバ、 大地の香り。たとえコイーバ・ミニは小さくとも、エクスタシーを味わうことが できるあのハバナの大地のアロマを確実に秘めているのである。それは充分満足 できるアロマである。プレミアム・シガーに及ぶべくもないのはわかりきってい るが、シガレットの気安さで葉巻の醍醐味というものを味わえるのだから、そう 無下にすることはない。

「オヨ・デ・モンテレイ」のシガリロでも、時折、20本 のうち2本か3本に、腹の底から笑いがこみあげてくるアロマが感じられることが ある。コイーバ・ミニもしかり。値段のことをことを考えれば、これがたまらな い魅力なのである。
コイーバの生産量は極めて少ない。コイーバ・ミニはどんな葉を使っているか製 造工場を見たことがないので、なんとも言えないが、プレミアム・コイーバを巻 くときに出るクズ葉であることは間違いないと思う。親元の葉が少ないのだか ら、子の葉はなおさら。どうやらほとんどのコイーバ・ミニはヨーロッパで消費 されてしまうらしい。日本に入ってくるのはほんのわずか。なにしろ、東京では たった一軒のタバコ・ショップにしか置いていないのだから。
日本人は回りの人々と同じようなファッションをしないと気が済まない民族だ。 特に女性はブランド志向が強い、と言えば顰蹙をかいそうだが、コイーバ・ミ ニ・シガリロは有名ブランドであって希少であるところに愛すべき価値があると 思うのである。

Posted: December 5th, 1999   |   Category: キューバの葉巻