スーツ姿の悪魔は葉巻がお好き

news353葉巻ビジネスでのマーケティングは変化している。この写真は”Diablo”と呼ばれている新しいシガーブランド発売のために企画されたマーケティングイベントからのワンシーンである。

悪魔役として扮装させられたモデルは、ラッシュアワーにシカゴの商業地区へ地下鉄で出かける。より若い消費者にアピールすることを最大目標に掲げたマーケティングであるらしい。このところ主流であった伝統やたしなみをイメージさせた葉巻マーケティングのスタイルと比較すると不思議な念にかられる。

所もシカゴで、葉巻を縦縞のスーツのギャングに銜えさせたコミックスの揶揄を思い起こさせる「悪魔」キャンペーンが、葉巻を吸う人のイメージにいったいどんなふうに影響するのか興味深い。これが選び抜かれた販売戦略の方法ならば、時代は進化しているのか、はたまた逆行しているの か、わたしの感性は追い付けないようである。

Posted: November 19th, 2004   |   Category: Non Cuban Cigars