行くなら今年中

news571青春の1ページをParisで過ごした私は、とことん打ちのめされている。ParisのCafeからジタンの煙が消える。Parisには、ジタンが似合う。今でも、普段は吸わないジタンに火をつけると、時間を飛び越えて、乾いた空気と人に包まれたあの頃にタイムスリップできる。昔々、あるドイツの旅行会社のポスターで、「あなたが最後にParisに行ったのはいつですか?」というコピーを見て妙に感心した覚えがある。多くの人々がこのコピーに反応することを実感できたからである。今、あのコピーはそんなに胸にせまらない。いつかParisに行くとしても、買物や観光ではなく、ただ、Cafeの椅子に座って行交う人々を眺める楽しみは、2008年から大きく目減りする。
麗しのParisでまで、禁煙法は段階的に施行が始まった。錦の御旗を掲げて突き進むは、多分スターバックスなんだろう。
罵詈雑言を呑み込んで、愛煙家の明日を憂う。

Posted: February 24th, 2007   |   Category: 葉巻なその他