International festival friction?

news199ドイツの週刊誌「Welt am Sonntag」は、「極東からハバナへ殺到」というタイトルの記事を載せた。その記事では、良く知られているドイツの葉巻評論家が、今年の Habanos フェスティバル中に遭遇した極東の多くのビジターについて記述している。ハバナの葉巻店において、日本の浪費家に対抗したがどのように負けたかに関する詳細、あるいは Don Alexandro Robainaと家族のランチに予約無しに登場した極東のビジター満載の大型観光バスの不思議。記事は極東からの訪問者たちに苦情を呈するまではしていないが、著者が中国と日本の大きなビジターグループの行動を面白がれなかったのは確かなようだ。ひと昔前にヨーロッパからのビジターが面白可笑しく皮肉 られたことを思い出す。

いずれにしても、Habanosフェスティバルが確実に国際化されていることは事実である。

Posted: March 30th, 2004   |   Category: 葉巻市場