タバコ国際シンポジウム

news476先週、キューバのハバナ市で、200人以上の研究者が、タバコにおけるの国際シンポジウムに出席した。 最初のセッションは、ハバナ市の歴史に関する権威者であるユセビオ・リアル氏による、キューバン葉巻が現代のキューバのアイデンティティに果たした役割についての演説であった。イベントの主催者は、シンポジウムの焦点は、タバコが及ぼす歴史的及び文化的な影響力にあると述べている。このシンポジウムは、直接キューバン葉巻の販売促進を目的としていない。その任は相変わらすハバノ・フェスティバルにある。 しかし、それにもかかわらず、シンポジウムはキューバの最も有名なタバコ裁培者、アレハンドロ・ロバイナ氏の登場によって終幕した。

Posted: June 28th, 2005   |   Category: 葉巻市場