Habanosブランドvitolaのさらなる削減

ドイツのハバナ葉巻ディストリビューターのレポートによると、2010年においてHabanos S.A.は複数の伝統的なキューバン葉巻ブランド或はvitolaの生産を中止することを計画している。中止すると予定されている銘柄の内訳は、次のリストに掲載する。人気のvitolaからは:La Gloria Cubana Medaille d’Or No.1 and No.3(ラ グロリア クバーナ メダーユ ドール No. 1及び No. 3)、Partagas Serie de Connaisseur No.1, No.2 and No.3(パルタガス セリー デュ コネスール No. 1, No. 2そしてNo. 3)、Saint Luis Rey Churchills(サン ルイ レイ チャーチルス)、Saint Luis Rey Coronas and Petit Coronas(サン ルイ レイ コロナス及びペティ コロナス)、Punch Royal Selection No. 11, No.12(パンチ ロイヤル セレクシオン No. 11及びNo. 12)、Punch Churchills(パンチ チャーチルス)、 Punch Petit Punch(パンチ ペティ パンチ)、Vegeros No.1, No.2(ベグエロス エスペシアレス No. 1及びNo. 2)…そして、私の特に気に入りの一本、Rafael Gonzales Coronas Extra(ラファエル ゴンサレス コロナス エクストラ)。そして、50本入りのキャビネットで販売中止するのは:Romeo Exhibicion No.3(ロメオ Y フリエタ エクシビシオン No. 3)と Hoyo Epicure No.1(オヨ デ モンテレイ エピクール No. 1)である。

高騰し続けるプレミアム葉巻の50本入りキャビネットは高価になりすぎた。マネージメントの観点からすれば、この中止は理解できる。 しかし、最近Habanos S.Aのラファエル ゴンサレスブランドに対する姿勢は、あまりにも悲しい。
手に入れなければならない時がきたようだ。

Posted: January 6th, 2010   |   Category: キューバの葉巻