革命前ハバナシガー限定品ボックス

news454鎮座するは、革命前キューバで作られたPartagasの限定品シガーボックスである。私は、この箱が正確にいつ頃作られたかは明言できないが、提供している骨董屋によれば、おそらく1950年代前半の品で、半世紀の時を経ているそうだ。およそ300本のチャーチルサイズ葉巻を包容できる、かなりの大きさで、 多少の象眼飾りはあるが、ホンジュラスマホガニー特有のナチュラルテイストを殺してはいない。この箱の単純なデザインは好みにあう。ここ数年、Habanos SAが生産しているユニークとも奇妙とも言えるヒュミードルのデザインとは、見事に対極にある一品である。

Posted: May 17th, 2005   |   Category: 包装・デザイン