ハバナシガーの新しい 権利者

news431著名なIT投資家A・P・リロ氏は、本日彼の所有するプレミエロ・ベンチャー・キャピタル社が宇宙におけるハバナシガーのディストリビューション権を獲得したと発表した。プレミエロ社のスポークスマンによると、獲得した宇宙のディストリビューション区域は、シャトルやスペースステーションなどの設備に隣接し、将来的に居住空間に成りうる地域も含んでいる。50年の契約期間において、プレミエロ社は有名なコイーバやモンテクリスト商標などの権利を独占する上、その後50年間の契約延長の権利まで有する。取引の対価としてどのくらいの金額を支払ったのかという質問に対して、プレミエロ社スポークスマンは即答を避けたが、プレミエロ社がこの取引の結果に大いに満足していることを明示した。スポークスマンは、当分の間プレミエ ロ社が宇宙におけるハバナ葉巻の販売権を持つが、それがすぐに収益つながるとは考えていないと補足し、長期契約の未来が何をもたらすかについて楽観的なスタンスであると結んだ。(April Fool)

Posted: April 1st, 2005   |   Category: 葉巻市場