Partagas Serie D No. 5 EL 2008 (パルタガス セリーD NO. 5 EL 2008) のファーストインプレッション

news601Partagasは気に入りの葉巻で、毎月のローテーションから外したことがない。と言っても、Partagasブランドのすべてが好みなわけではなく、私が好むのは、Partagasらしさを明解に表現するvitolaである。以下の銘柄は、私がPartagasらしさを感じるvitola:Shorts、Perfectos(機械巻き!)、コロナス、1996年以前のルシタニアス、そしてSerie D No. 4も仲間入りする。

さて、やっと市場に顔を出したSerie D No. 5 EL 2008(4 3/8インチ、50リングゲージ)はどうだろう。イエス、Partagasらしいvitolaである。最近市場に出回ってきたSerie D No. 4よりもいいブレンドに仕上がっている。1990年代前半のブレンドを思い出す。Edicion Limitadaとして、久しぶりなこのサイズも面白いし、手ごろ感もある。来年以降、価格はD No. 4をきっちり抑えて、レギュラー・ラインナップへ加えて欲しいイチオシのvitolaである。

Posted: November 12th, 2008   |   Category: ファーストイインプレッション