Romeo y Julieta Petit Piramide EL のファーストインプレッション

news488ワクワクして、この葉巻をボックスから取り出したが、Petit Piramideの新しいvitolaは、思ったほど存在感がなく、ほっそりしすぎた印象が強い。頭がとんがっている50リングゲージ、5インチのロブスト・サイズ。その姿はあまりにも華奢な姿である。名称のPetite通りの立ち姿とでも形容しようか。濃いめでオイリーなラッパー葉は、その幼い印象に釣り合っている。私が吸った葉巻は、巻きぐあいがしっかりめで、吸い込みはどうだろうかと心配したが、問題なかった。ボディーの強さはフルまでには届かない。しかし、きつめの巻きぐあいでも、吸い込み具合は満足である。テイストはあくまでも一般的なRyJ味にそっている。時々主張するココアのニュアンスも悪くはない。でも、全体的のテイストは細い幅で最後まであまり変化が感じられない。またしても姿にもどるが、二枚のバンドのせいか、新しくデザインされたRyJバンドはどうも頭に近すぎる。

Posted: July 16th, 2005   |   Category: ファーストイインプレッション