Selected Geographical Distribution of Habanos Vitola

news391近々のニュースに関連して、Ramon Allones Belicososのような新しいvitolaがなぜ選択された市場のみに分配されるのかを尋ねるいくつかのメールを私は受け取った。残念ながら私は、Habanos S.A.の高級将校たちだけが本当の答えを知っているその疑問に答えることはできない。 しかし、私なりの推測のもとに意見を述べることは可能である。過去、 多くのキューバ葉巻ブランドが、1つの市場にだけ分配された歴史がある。Quai d’OrsayとDiplomaticosはフランス市場へ、ドイツ市場へはSan Luis Rey、そしてオーストリア市場へのSiboney。一方、Bolivarブランドは長い間、スペインで入手することはできなかった。 新規ブランドを最初に市場に送り出す時、多くの有名ブランドが試運転として選び出した1つの国で発売することは珍しいことではない。1つの市場のみで新しいvitolaをリリースすることは新しいマーケティング手法ではないが、最近この手法が流行っているいることは事実である。ただし、試運転という意味合いとは少し違ってきているようである。

ここ数カ月、イギリスとドイツの市場は、新しいvitolaの独占的流通を許された。 これがその市場の活力と抜け目のないディストリビューターの販売力を反映していることは確かであるが、インターネットによる販売が日常化された今日、選択された地域分布をすることにどれだけの意味があるのかは大きな疑問である。地域限定することの利点が曖昧になっていくなかで、Habanos S.A.は、あくまでもこのマーケティング手法を使って新しいvitolasに排他性効果を与えることを続行している。

Posted: January 31st, 2005   |   Category: 葉巻市場