Smoking cigars with your neighbors

news457プライベートな葉巻クラブの存在は多くの国が公共空間においての禁煙法を実施しているこの時代にこそ重きを持ち、しばしば、これらのクラブはセミパブリックな環境で葉巻を楽しむことができる唯一の場所となる。最近、アメリカの不動産開発業者は 一流のマンションビルの共用スペースに葉巻ルームを設けるというユニークな販売路線を編み出した。写真はマイアミで建設中の570ユニットのマンションビルの葉巻ラウンジである。葉巻ルームは共用スペース一部であり、そして、各テナントは葉巻ルーム内に備え付けられているヒュミドール・ロッカーを個人的に利用することができる。このビルの葉巻愛好家たちの隣人愛が深まることは羨ましいかぎりだが、同時にこのビルの嫌煙家たちの結束もより堅固になるのではないかと、少々懸念している。不動産開発業者の思惑が当たるかどうか、売れ行きの行方が気になる。

Posted: May 20th, 2005   |   Category: 葉巻市場