The woman cigar smoker

news367ジョルジュ・サンド、男の服をスマートに着こなした存在で有名なフランスの女流作家は、パリ社会へ語り継がれる印象を残した。ズボン姿の彼女は、パイプ或は葉巻を吸いながら、文学と音楽のジャンルの沢山の主役たちに出会い、ミューズとして君臨した。今年、フランスは、彼女の誕生200周年記念を祝っている。2004年も残り少ない。何か好みのショパンの楽曲をバックに、かの男装の麗人に思いを馳せながら一服の葉巻の時間 を持つのも悪くない。

Posted: December 10th, 2004   |   Category: シガーな人々