Vitola Lable ミスプリント

news422いつものシガーバンドと印刷具合がちょっと違うとか、インクの色が微妙に薄いとか、キューバ産のシガーボックスを前に厳しい目で検査して本物か、フェイクか、 と不安になる気持ちを経験した愛煙家は少なくない。特に、多少フェイク葉巻の知識があるスモーカーに、その点を気にしすぎる傾向がある。まずは、葉巻関係の印刷物を貨幣や切手などと同じ水準で扱わないこと。

そして、日本ではあり得ないことでも、キューバではあり得ると認識することが重要である。さて、この写真の二つのシガーボックスをよく見ると、思わず笑ってしまう印刷ミスがある。もちろん、両方のボックスは間違いなく本物である。貨幣や切手の世界だったら上のボックスにかなりのプレミアムが付くことは間違いない。

Posted: March 18th, 2005   |   Category: 葉巻なその他