Whipped Habana Smoke

news389Madrid Fusion、世界中から名だたるスターシェフたちが集い、驚異の料理を作り出すために最高の食材を思いっきり無駄に費やして調理し互いに競い合うという毎年行なわれる食のサミットである。創造的なイベントであるかどうかを判断するのは、あなたの感性におまかせするとして、とにもかくにも今年のデザートのハイライトにHabanaを含んでいたことに注目しよう。なんと泡立てた生クリームに葉巻の香りをつけるという際物である。レシピ? もちろん以下にご用意しております。

火をつけたHabanaシガーをプラスチック・チューブの片端に差し込む。生クリームをいれたボールにもう一方の端を入れる。チューブに煙を送るためのポンプのようなシステムを取り付ける(ふいごのようなものと想像)。煙をポンプでおくりながら、出て来た煙をクリームに取り込むつもりでホイップする。お好みの泡立て状態になったら、 葉巻の灰に似せて、シナモンシュガーを散らす。スモール・コロナサイズの板チョコをHabana風味クリームに添えて出来上がり。そして、もし本当にそうしなければならないなら、ガラス製の灰皿に盛り付ける。ちなみに、このデザートはスペインの名シェフJ.ロカによる作品である。

凡人は、生クリーム添えの上等なショコラを食しながら葉巻を吸う方を選ぶであろう。

CigarJapan.comとしては、あえて深読みしたい。近未来予想図では、葉巻がデザートのテーブルの場に登場する可能性を限りなく否定している。食後の偉大な「C」のひとつとして君臨することも、いつか昔話になるのではないか。時代を先取りしたスペイン人シェフ、ロカ氏の発想が杞憂に終わることを願う。せめて私が生きている時代は・・・

Posted: January 27th, 2005   |   Category: シガーと飲料