想定された焦げあと

news494高名なイギリスの家具デザイナーDavid Linleyは、美しい木を使用して粋な家具を作り続けている。 大きなキャビネット作品ラインの中に、嬉しいことに灰皿やヒュミドールなどの小さな喫煙アクセサリーもある。 クルミと紫檀で作られた写真の葉巻灰皿はLinley社の入念な仕事を知る好例である。 まるで、ヒュミドールのトップカバーにも使用される木が、灰皿に使われているのである。あなたが、必ず起こる焼け焦げの跡に堪えることができないタイプなら、この灰皿はそういうあなたのためのものではない。 しかし、私は、この灰皿と時を共にしてうまれるだろう焼け焦げがこの灰皿をさらに美しく見せ、唯一無二の灰皿として存在感を高めると確信している。

Posted: August 2nd, 2005   |   Category: シガーアクセサリー